福岡県大川市|整形外科|スポーツ整形外科|リウマチ|リハビリテーション|骨粗鬆症|デキサ|DEXA|物理療法|骨折超音波|五十肩|けが|ムチウチ|交通事故

スポーツの怪我には一度や数回の強いストレスによって生じるスポーツ外傷と過度な練習、不良なフォーム、ケア不足等によって生じるスポーツ障害があります。

≪スポーツ外傷≫
骨折・捻挫・肉離れ・半月板損傷・靭帯損傷・脱臼・打撲

≪スポーツ障害≫
野球⇒野球肩・野球肘
テニス⇒テニス肘
陸上競技⇒シンスプリント 疲労骨折
バレー・バスケットボール⇒ジャンパー膝
サッカー⇒大腿部肉離れ オスグット・シュラッター病
水泳⇒腰痛症

etc….

例えば…

★成長期の肘関節障害

野球の投球、テニスのサーブ、バレーボールのスパイクといった動作を繰り返して行うことで肘関節の同じ部分に力が加わり続けます。
成長期の子供は大人に比べると骨や軟骨が弱い為に肘関節の障害が発生しやすいです。 外側障害、内側障害、後方障害の3つに大きく分けられています。
障害のあるところを押すと痛みが生じます。
また、そのままにしておくことで肘関節の動きが悪くなることがあります。

★投球障害肩のメカニズム

※当院では治療、リハビリテーションを行い、早期スポーツ復帰を目指します。
  また、再発予防のトレーニング、ストレッチング、フォーム指導を行っていきます。